前期高齢低額年金生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エアコンが壊れた

<<   作成日時 : 2017/08/09 09:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

我が家で一番稼働率の高いリビングの天井埋め込みカセットタイプで少し大きい200V機だ。リモコンのスイッチを入れると20秒ほどで漏電遮断器が動作する。24年以上使っているダイキン製の古い機械だが寿命だろう。
画像


日曜日の朝にも東京へ出かける時に漏電遮断器が働いて停電して焦ったが、理由が分かって安心した。しかしカミさんに「古くなると金がいるのだ。年金だけでは足りないのだ」と言われてしまった。次は冷蔵庫か?皆私より長生きしてくれ(ー ー;)。

ウェブを調べると器用な人がいた。故障原因を推理しているのだ。クランクケースヒーターのシリコンゴム被覆が劣化し漏電するというのだ。私も昔に仕事でこれらの電気製品をよく試験していたので理解できる。しかしクランクケースヒーターは停止中でも年中通電されているのが普通でリモコン操作に連動しないから別な個所で漏電しているはずだ。
圧縮機への配線端子台の樹脂が熱劣化で漏電するのだろう。見ればすぐ分かるはずだが、他の部品も同様にボロボロだろうし私の体では見ることが出来ない。メーカーに言っても同じことを言うだろうなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つらいですなー
当方の前職管理ビルにて、同様の故障事例があった

型番 やシリアル番号までメーカーの窓口に伝えてサービスマンに来てもらったが、エアコンを見ただけで「この製品の基板や部品はもう在りませんので修理出来ない」 と言われ、\5000の出張料金を支払った
つまり端子台の交換だけで直るにしろ、20年前の機械は、後々の保証ができないので修理はしたく無いのです



元通信長
2017/08/11 00:23
ちょっと考えれば当たり前のことをIT老人はもしかしてと理不尽でわけのわからない淡い期待を抱いてしまう悪い習性がある。
一刀両断に切り捨てる覚悟が欲しい。昔の侍の切腹はその究極なのだろう(⌒-⌒; )
IT老人
2017/08/13 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアコンが壊れた 前期高齢低額年金生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる